避妊薬・ピルは正しく使わないと効果がない?使用方法紹介

避妊薬の正しい使い方とは?

避妊の仕方はいくつもありますが、その中でも最も効果が高いとされるのが経口避妊薬(ピル)です。

ピルは正しい使い方をすれば100%の確率で避妊ができると言われています。

しかし、残念ながら飲み方を間違えてしまうと避妊効果は無くなってしまうため、ピルを服用する際にはしっかり正しい使い方を遵守しなければなりません。

では、正しい飲み方とはどのようなものなのでしょうか。

ピルは生理周期と同じく28日でワンセット(1シート)になっているのですが、21錠飲んで7日間あけるタイプと21錠に加えてプラセボと呼ばれる偽薬(成分が入っていない薬)7錠がセットになっている28錠タイプが存在します。

初めて飲む場合は生理が始まった1日目から飲み初め、1日1錠ずつ服用します。服用する時間は毎日同じぐらいの時間に決めておきます。朝でも夜でも問題ありませんが、毎日同じぐらいの時間に服用することは統一しなければいけません。

21錠がワンシートになっているタイプは21日連続で服用したら7日間服用しない期間を作ります。

もし、服用しない日にちを間違えてしまう、忘れてしまうという人は、成分の入っていない偽薬がセットになっている28錠タイプだと日数を間違えずにすむのでおすすめです。

笑顔の女性

毎日1錠ずつ同じ時間に服用しますが、飲み忘れてしまった場合、24時間以内ならばそのまま気付いた時間に1錠を飲み、翌日のいつもの時間にもう1錠服用して問題ありません。

例えば毎朝7時に服用している人が飲み忘れたことをその日の夜18時に思いだしたら、18時に1錠飲んで、翌日の7時にその日の1錠を服用すればOKです。それで避妊効果が薄れることはありません。

しかし、24時間を過ぎてしまった場合、1日飲み忘れて翌日の7時以降に前日は服用していないと気付いた場合はその時点でピルの服用をストップします。

そして次の生理が来たらまた服用を開始します。

ピルの服用をストップしてから次の生理が来るまでの間は避妊効果がなくなるので、その際に性交を持つ際にはコンドームなど別の避妊術を用いるようにしましょう。

ただし、避妊以外の効果(生理痛の緩和やPMSの治療など)のためにピルを服用している場合は、飲み忘れて24時間が過ぎた場合でも継続することが多いです。飲み忘れた前日分とその日の分の計2錠を服用し、翌日の同じ時間からまた1錠ずつ服用するようにします。

このようにピルは正しい飲み方をすることで避妊効果をもたらすものなので、毎日1錠ずつ同じ時間に飲むことを忘れず継続することが大切です。