緊急避妊薬(アフターピル)とは?その効果や使用方法を紹介!

緊急避妊薬の正しい使い方

緊急避妊薬とは、妊娠の可能性がある性交後、72時間以内に服用することで高い確率で妊娠を回避することのできる医薬品のことで、アフターピルやモーニングアフターピルとも呼ばれます。

はにかむ女性

妊娠を望まない状態での性交をする際、多くの人はコンドームの使用やピルの服用など対処して臨むとは思いますが、コンドームが破れてしまったなどという予想外の事態や、残念なことに強姦など強要によりそういった事態に陥ることもあります。

そのような事態に陥った際、アフターピルを服用することで妊娠を回避することができますが、正しい使い方は性交から72時間以内に服用することで妊娠を80%回避することができます。

72時間以内に一回飲み、その12時間後にもう一回飲むというのが正しい使い方です。

しかし、それでも100%避妊できるわけではありません。性交から服用までは早ければ早いほど効果は高いと言われますが、それでも100%ではないことは理解しておく必要があります。

また、緊急避妊薬と一言でいっても実は厳密には2種類あります。一つは文字通り緊急避妊薬です。これはノルレボという錠剤で、日本では2011年に承認されています。

もう一つは中用量の経口避妊薬(ピル)を用いる方法で、アフターピルと同じだけの効果のある中用量ピルを服用する方法です。

こちらの方法はノルレボを用いた緊急避妊薬に比べると副作用が出やすく、特にひどい吐き気や生理痛のような鈍痛が出ることが多いため、使用される頻度は少なくなっています。

どちらの方法も体内のホルモン量を一時的に増加させることで、排卵を抑制し避妊効果をもたらす仕組みとなっています。

しかし、繰り返しになりますが、ノルレボでも中用量ピルでも避妊回避率は100%ではありません。もしも妊娠してた時に赤ちゃんへの影響が気になるところだと思いますが、それは心配ないとされています。

というのは、妊娠していたとすれば体内の女性ホルモンの分泌量はアフターピルを服用した際の10倍以上の量とも言われているため、服用による胎児への影響は考えられません。

また、注意しなければいけないのは緊急避妊薬を服用することで避妊できるのはその時一時的なものです。

服用したからといってその後も妊娠しない状態が続くわけではありませんので、妊娠を望まない場合はしっかりとコンドームや低用量ピルなどを使用して自ら避妊することが必要となります。

ちなみにノルレボも中用量ピルも取得には産婦人科での処方が必要となります。