避妊薬・ピルとうまく付き合う方法!服用し忘れたらどうする?

避妊薬を1錠でも飲み忘れたら妊娠してしまう?

避妊を実践する方法はいくつかあります。それぞれに気をつけたいポイントとメリットがありますので、自分のライフスタイルに合致した方法を正しくチョイスしましょう。

まず始めに挙げられる避妊の方法ですが、コンドームによる妊娠回避です。コンドームは手軽に買える生活用品です。

妊婦と夫

今ではコンビニエンスストアやドラッグストアにも置かれています。またインターネットを通して通販する事も出来ます。

男性側にお願いしなければいけませんが、避妊の成功確率はほぼ百パーセントです。ペニスに装着する事で、精液の膣への侵入を防ぐ事で、望まない妊娠を回避させます。

第二の対策として挙げられるのが基礎体温表を記録する事で、安全日と危険日を割り出して、セックスの予定を細かく管理する方法です。

毎朝コツコツと体温を記録して、スケジュール管理をしなければいけない手間が掛かりますが、こちらは女性が一人でも出来る方法です。

またコンドームを買うのが恥ずかしいカップルにもオススメです。

以前は自分で細かく計算しなければいけませんでしたが、今では安全日と危険日を簡単に算出、アドバイスしてくれるスマートフォンアプリがありますので、比較的楽な対策となりました。

そして最後の避妊対策ですが、避妊薬の摂取です。医薬品を入手する手間とコストが必要ですが、一度ライフスタイルに加えたら、後は本当に楽です。

毎日黙々と避妊薬を飲み続けるだけで、生理と排卵をコントロールし、妊娠し難い状態をキープします。

排卵を合理的に医薬品の効果によって抑止するため、避妊の成功率は極めて高く、ほぼ確実に妊娠が避けられます。

コンドームもまた高い成功率を誇りますが、セックスの最中に破けてしまったり、初期不良で破損しているのに気が付かずカップルが性交に使ってしまい、避妊が失敗する事例が多々あります。

避妊薬を1錠でも飲み忘れたら、避妊は失敗するのだろうか、こういった疑問を持つ女性もいるかもしれません。

他の持病の医薬品などは一度でも飲み忘れたら、病気のリスクが出てしまいます。ただ、低用量ピルといった避妊薬はたった一度のミスなら、そう簡単に望まない妊娠に至る事は少ないです。無論一番良いのはうっかりミスを無くす事ですが、薬の飲み忘れは誰にでも起きうる失敗です。

低用量ピルを長期にわたり真面目に飲んでいれば、排卵が抑制された体質が既に構築されていますので、たった一度のミスなら大きなリスクにはなりません。